読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Himatubuse’s blog

ただ思ったことを書いています。お前何もんや!? →id:himatubuseをクリック

第二回おともだちの会 閉幕

第二回おともだちの会が閉幕いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

それを語るには、まず本日を語る必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれを結果というか分かりませんが、気になるだろう所を結果と言うと終始一人でした。

 

 

 

 

 

本日、オフを過ごす。

 

好きなことをしようと思って

 

溜まってた作業をこなそうとして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:himatubuse:20170326203957j:image

 

 

靴箱つくった

欲しいなーって思って。

靴きたないけど。

 

 

 

 

 

f:id:himatubuse:20170326204024j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

そんで靴きたないけど、カラオケしたいなーとか思いながら

 

YouTubeみながら

 

ぼーっとしてて

 

おともだちの会18:00開始に向けて

 

何時に家出よかなーとか思いながら

 

 ぼーっとしてて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてつもない孤独感がわたしを襲いました。

 

人間が生きる意味

 

なんてありませんなんて、中野信子さんが仰ってましたし

 

好きに生きようぜ的なノリで

 

そんなわたしに

 

 

 

 

 

圧倒的な孤独感が襲ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはまさに物言わぬ恐怖で得体が知れないから物言えぬ恐怖でして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん死なないし

 

けど、その言葉一番よく合う。

 

そんな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしを救ってくれたのは、

こんな動画

 

https://youtu.be/6DbQrQGbSMg

 

 

 

 

 

 

 

よし、行ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買い物もあったし

 

 

颯爽と気を取り戻して、西荻窪へ向かう前、新宿へ向かいました途中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画つくりたいな。

 

 

でっかいスクリーンで俺がつくった映画みたいなーなんて考えて

 

 

 

 

 

 

 

気づけば時間がなく

 

 

 

 

 

 

せっかく人口迷路新宿を抜け出したのに戻り、さて、西荻窪へたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人でおともだちの会ってなにすんねん。

 

 

もうピザ食うしかないやん…

 

 

 

 

 

 

しかし

 

時間がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーわピザ食いたかったし…

 

 

どうしよ

 

 

おともだちの会2時間の過ごし方は、本能に従うチャンスなのです。

 

 

 

 

寿司や!!

 

 

 

 

 

 

 

 

前から食べたかった寿司

と、ビール、お菓子、おにぎり

 

 

ん…なんかそんないらんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケトン体とか言って

 

前まで抑えきれなかった糖質への欲求

 

それは、わたしの家計簿にて、悪魔代と表記されてました。

(今帰りの電車の中で記事書いてんねんけど、隣の人の携帯カバーに鏡ついてて、にやけそう鏡越しに目あうとか想像したらにやけそう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ本番。

 

 

 

することに人数は関係ない。

 

 

 

 

 

 

むしろ、練習のチャンスだ

 

 

 

 

 

 

 

おれ「えーお集まりいただいてありがとうございます!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺「いえーい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:himatubuse:20170326211336j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉幕。

 

帰り、

 

孤独感再び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気持ちはないが、

そんな気持ちがぴったりくる

死にたい。

 

 

 

 

 

別に、おともだちの会が一人だったからではない。

 

これは未来への投資だ。

 

来月もする。

 

 

 

 

それより、

欲求の低下。

 

 

 

 

 

 

が、原因であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲求の薄れ

影響されやすいわたし

影響されすぎやろ

 

このまま何も求めなくなって

そんな夢とか情熱とかわたしの個性が

全部無くなっちゃう気がして

ドロドロとした赤紫のわたしが

離れちゃう気がして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ不安な帰り道。

ボケて見たら治った。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいいと

 

 

欲求の薄れ

 

 

 

食欲

睡眠欲

性欲

 

 

 

 

 

こだわり

しょうもない

絶対そう!いいやこっちだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

少し前まで不安だった場所

そこでいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここだけは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたなら出来るよ。

人は信じてないけど

人を信じてるというか

よくわからんけど

 

あなたなら出来る。

その部分

そこだけは

こだわる欲求する燃える燃える燃える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたら、赤紫のわたしが声をかけてくれました。

 

 

 

 

 

 

そんな帰り道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 です。