読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Himatubuse’s blog

ただ思ったことを書いています。

2月19日

本日は

 

日通東京運輸 新橋事業部さんにお世話になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひっっこしは!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ丁寧でしたね

 

 

数カ所引っ越し屋さんを回りましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、私が人生で大事にしていることが、割合です。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、上司からの頼まれごと

 

 

部下は丁寧に仕事をしますが

 

 

上司は、速くしろと尻を叩きます

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、割合でいうと

 

速さ10:10丁寧さ

 

です。

 

これはプロです。

 

 

 

 

速くて丁寧は、プロなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

速ければ丁寧さを失うし

丁寧であれば速さを失います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手がどの塩梅を求めているのか

 

 

 

 

これが割合であり

テニスでも

会社でも

人生には、割合が必要なのかと思いますが

初心者に速く丁寧を求めるのが、好きらしく

辛い想いをされた方が多くいると思いますが

ふぁいと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅をする木

 

という本をS先輩から渡され

 

読み終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星野道夫というアラスカに自然に魅せられた男

 

が、放つ、本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで私は

 

 

人をやさしくすることが夢でした

 

 

 

 

 

 

 

これは、全世界中の人です

 

 

 

 

 

 

そんなの無理だよって思われるけど

 

 

 

今焦ってないのは

 

 

 

 

 

自分ができる範囲

 

と、しているから

 

 

 

 

 

 

 

その影響が、小さくても大きくても

 

 

 

そんなことより

 

 

 

 

 

 

 

自分がしたいことなのかどうか

 

を大事にしたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある道

 

突然

 

 

「僕は人をやさしくしたいです!」

 

 

 

 

 

 

 

って叫んだら、アホかと

 

 

 

 

 

 

 

けど、分かっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は

 

 

 

 

その後の熱弁を聞きます

 

 

 

 

 

 

 

 

何言ってんだ

 

 

 

 

 

が、家に帰っても

 

 

 

 

   

 

通行人の心に残っているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人をやさしく

 

 

 

よりもう少し大きな視野がもてた

 

 

 

そんな本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、笑われると辛いです

 

 

 

 

けど、ずっとまっすぐに

 

 

 

 

 

自分がしたいことを自分のしたいようにし続けたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の夢も叶います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな小学3年生みたいな、将来はポケモンマスターになりたいです。みたいな如き発言ではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなハートにさせてくれる本でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ポケモンマスターになりたい58歳がいれば、俺はその人が大好きです。